防犯のことなら工場・オフィスに特化したセキュリティハウスへ
HOME防犯システムを目的別で探す > 火災・放火を防ぐ
防犯システムを目的別で探す

火災・放火を防ぐ

地域が一丸となって火災対策

火災

火災は従業員一人ひとりの心がけはもちろん、
近隣の家の住人や会社の従業員と協力体制を築いておくことも大切です。

日頃から近所の人たちとの良好な関係を築き、
万が一の場合には助け合えるようにしておきましょう。


オフィスが雑居ビルなどにある場合には
別の階にある全く知らない会社から出火する可能性もあります。

火災警報器の音には常に関心を持ち、
火災が発生したら逃げ遅れることがないように速やかに避難しましょう。


また、可能な状況であれば
消防署への通報、消火活動、避難の手助けなども積極的に行いましょう。


非難する通路は常に整理整頓を心がけて、物を極力 置かないようにしておくことが大切です。

自転車や車などの不法駐車で消防自動車の通路が妨げられないよう、日頃から注意しておきましょう。


工場などでは燃えやすいものが数多く存在します。

段ボールなどの紙類、燃えやすい成分を含んだものなどを建物の周りに放置したままにせず
きちんと管理するよう心がけましょう。

出火原因ごとの対策

オフィスでの火災原因として多いのが
たばこの不始末
コンロ・コンセントなどからの出火です。

出火原因ごとに対策方法を考えてみましょう。

たばこ

たばこ

●たばこは消したつもりでも完全に消えていないことがあります。

 きちんと消えたことを都度 確認しましょう。
●灰皿の中には水を入れておきましょう。
●吸い殻が灰皿にたまることのないよう、こまめに捨てるようにしましょう。
●席を立つ前や外出時には吸い殻を捨てる習慣を身につけましょう。
●置きたばこはやめましょう。
たばこの投げ捨ては決してしないようにしてください。

コンロ

給湯室などでコンロを使用するときは、下記のことに気をつけてください。


●コンロの側を離れるときは必ず火を消しましょう。

 来客時や電話対応をしているときには特に注意してください。
●コンロの周りに物を置かないようにしましょう。
●コンロは壁から離して設置しましょう。
●古くなったガスホースを使用することはやめましょう。

コンセント

コンセント

コンセント自体が発熱して火災の原因になることも多々あります。


●たこ足配線はやめましょう。
●ほこりがコンセントにたまってしまうと、室内の水分をほこりが吸い、
プラグ間電極間にわずかな電流が流れ、徐々に炭化します。

プラグの表面にトラック(炭化導電路)が作られショートして
発熱、発火してしまいます。

定期的にプラグを確認してほこりを落とすなど清潔にしておくことが大切です。

冷蔵庫やテレビなどのコンセントは
どうしても差しっぱなしになってしまうので特に注意しましょう。


●使用しないコンセントは抜くようにしましょう。
●コードをカーペットや家具の下敷きにしないよう気をつけましょう。
●コンセントはコードを引っ張らず、プラグをもって抜くようにしましょう。
●古くなった電気コードは取り替えましょう。
●長期休暇などで事務所内が無人になるときは極力プラグを抜くようにしましょう。

放火対策としては、

1.建物敷地の内に不審者を入れないための外周警備を行い、万が一の侵入を即検知し
その場で大音量のサイレンで威嚇撃退すると共に、管理者等5人にメール、音声で自動通報する。

2.炎センサーを設置する。

炎センサーで10m先の7㎝の炎の段階で検知し、音声メッセージ

“ここは火気厳禁です。火気の使用はお断りいたします。”

と警告すると同時に、 サイレンで威嚇撃退します。

同時に守衛室や工場長等に自動通報します。

 

火災は早期発見することが必要です。火災感知器は65℃一定温度以上に上がった時に
検知しますので火災が発生してしまっています。

炎センサーは炎に含まれる紫外線を検知します。

放火や禁煙場所での喫煙対策に最適です。

炎センサー(FS-5000)

3.3. 防犯カメラで自動録画する。放火犯にとっては防犯カメラがあることは抑止力に繋がります。

4.i-NEXTで遠隔よりリアルタイムに動画及び音で確認する。

お問い合わせフォーム

関連の防犯システム

デイナイトカメラ

デイナイトカメラ(VSC-DN220)

最新のダブルスキャンCCDを搭載した高機能デイナイトカメラ登場!
詳細はこちら

屋外用デイナイトカプセルカメラ

屋外用デイナイトカプセルカメラ(VOC-880)

赤外線照明搭載、高感度デイナイトカプセルカメラ。屋外設置(IP66準拠)ができ昼夜を問わない映像監視を実現しています。
詳細はこちら

関連の納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

狙わせないための「抑止(予防)」を重視した「自分で守る」時代の最新システムです。

遠隔監視システムi-NEXTの特長

iPadでいつでも、どこにいても、遠隔の工場・オフィスのリアルタイム動画・音声が確認できます。

総合防犯設備士数全国No.1セキュリティハウスの防犯のプロ達

八ッ橋専務

八ッ橋 朋和 専務取締役

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルからも工場・オフィス向けセキュリティハウスのサイトをご覧いただけます
Facebook
リンク集