防犯のことなら工場・オフィスに特化したセキュリティハウスへ
HOME私達に解決できること > 3. 放火・火災対策

3. 放火・火災対策

工場や事務所にとって火災は企業の存続にも関わる非常に大きなリスクです。

火災が発生すると建物・原材料・機械・什器備品・商品・大切なデータなどが焼失するとともに、

近隣住民へ不安や煙など多大な迷惑をかけることになります。

 

また、従業員が火災に巻き込まれて命の危険にさらされることになります。

特に工場の場合は取り扱う原材料によっては爆発や猛毒が発生するといった可能性もあり

絶対に発生させないように対策を行う必要があります


放火は火災原因の第一位です。

火災を防ぐにあたって最も大切なことは「早期発見・初期対応」です。

火災感知器の場合は火があがって建物が一定の温度(65度等)以上になってから検知しますので

既にかなり燃えてしまっていることも多いのです。


放火対策としては

1. フェンスセンサーや赤外線センサー等による外周警備で敷地内に不審者を入れない。

2. 炎センサーで炎の段階で検知し、すぐにベルやサイレンで周囲に知らせます。

 

大火災を未然に防止します。 守衛室がある場合には守衛室へ、

夜間などは管理責任者の携帯電話などに自動通報します。

炎センサーは10m先の7cmの炎を検知します。

 

・多言語メッセージ式炎センサー

日本語、英語、中国語、スペイン語の禁煙・火気厳禁メッセージでお知らせします。

工場倉庫や重要施設の放火・火災に対しては炎センサーとカメラシステムが威力を発揮します。
炎センサーの検­知と同時にカメラシステムが連動。リアルタイムな映像確認で即時の対応・消化活動にか­かれます。

炎センサー(FS-3000)

炎センサー(FS-3500)

5カ国語のメッセージ搭載。必要な国の言語で警告します。禁煙報知・火気厳禁報知・警報音を選択できます。

8段階の感度調整が可能。

炎センサー(FS-5000)

炎センサー(FS-5000)

屋外設置可能な防雨構造。8段階の感度調整が可能。

炎を検知すると外部出力が可能なタイプで、守衛室などに信号を送り異常発生を知らせます。

炎センサーを防犯カメラ遠隔監視システムi-NEXTを連動させることにより、炎センサーが検知した時にリアルタイムの動画で現場を確認し、早期対応をすることができます。

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

狙わせないための「抑止(予防)」を重視した「自分で守る」時代の最新システムです。

遠隔監視システムi-NEXTの特長

iPadでいつでも、どこにいても、遠隔の工場・オフィスのリアルタイム動画・音声が確認できます。

総合防犯設備士数全国No.1セキュリティハウスの防犯のプロ達

加藤 三喜 顧客サービス係 コンシェルジュ

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルからも工場・オフィス向けセキュリティハウスのサイトをご覧いただけます
Facebook
リンク集