防犯のことなら工場・オフィスに特化したセキュリティハウスへ
HOMEよくある質問工場・オフィスのセキュリティについて > 敷地内への侵入者を検知するシステムについてお教えください。
よくある質問

敷地内への侵入者を検知するシステムについてお教えください。

外周警備用のセンサーには大きく分類すると、赤外線センサーフェンスセンサー感圧コードセンサーがあります。

 

赤外線センサーはフェンスや塀などを乗り越えてきたり、窓に近付いてきた侵入者を検知します。検知距離により15mから200mまで色々な機種があります。

フェンスセンサーはフェンスへのよじ登りを検知するセンサーです。

感圧コードセンサーは塀やフェンスに設置されたセンサーを踏む、乗るなどすると検知するセンサーです。

 

どちらも敷地内への不審者を早期発見できるものですが、環境に応じた機器選定と施工・調整が必要ですので、防犯のプロにシステム設計・施工はお任せ願います。

 

外周警備システムはセンサーの性能、施工・調整技術の両面が重要で、セキュリティハウスが最も得意としている分野です。

セキュリティハウスの取り扱っている竹中エンジニアリング株式会社の赤外線センサーは性能、機種、シェアともに警備業界ナンバーワンです。

お問い合わせフォーム

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムNEXTの特長

狙わせないための「抑止(予防)」を重視した「自分で守る」時代の最新システムです。

遠隔監視システムi-NEXTの特長

iPadでいつでも、どこにいても、遠隔の工場・オフィスのリアルタイム動画・音声が確認できます。

総合防犯設備士数全国No.1セキュリティハウスの防犯のプロ達

児玉 康利

サービス部 エンジニア 児玉 康利のご紹介です。

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルからも工場・オフィス向けセキュリティハウスのサイトをご覧いただけます
Facebook
リンク集